tenpedia

早垂れ蒸留

単式蒸留器を用いた、天星酒造独自の方法です。単式蒸留において、もろみから蒸留されて流れ出る焼酎は、最初から最後まで同じアルコール度数、同じ味というわけではありません。蒸留初期が最もアルコール濃度が高く、薬品のような強烈な香りを有しており、そこから徐々にアルコール濃度が下がると同時に香りや味も芋焼酎らしく、また、蒸留後半になると今度は苦みやクセを持った焼酎が垂れてきます。

この一連の蒸留工程の中で、味や香りの良い部分だけを抽出したものを天星酒造では早垂れ蒸留と呼んでいます。味の良い部分のみを抽出するため、一度の蒸留で通常の半分ほどしか造ることができませんが、天星酒造ではあえてこれに挑戦し、新たな風味の追求を行っています。


< 前ページヘ戻る