tenpedia

焼酎の飲み方

本格焼酎(単式蒸留酒)にはいろいろな飲み方があり、飲み方によりアルコール度数を調整して自分の好みのスタイルで楽しむことができます。本格焼酎の種類やシチュエーションに合わせた美味しい飲み方を見つけて下さい。

 

お湯割り(Shochu with hotwater)

焼酎 お湯割り

焼酎の豊かな風味を楽しめるおすすめの飲み方です。
グラスに1/2~2/3程度お湯を注ぎ、好みのアルコール度数になるように本格焼酎を注ぎます。自然に対流で混ざるのを待ちます。
※ お湯割りに使用するお湯は80℃弱位が適温です。
出来上がりが45℃前後と熱くなりすぎないようにしましょう。
香りが立ち豊かな風味を楽しめます。

ストレート(Straight)

焼酎 ストレート

ストレートグラスに注いで、そのままを飲む飲み方です。
この場合は、チェイサーをご用意ください。

トワイスアップ(Twice up)


-e1406851710924

そのまま常温で1:1に水で割る飲み方です。テイスティングには最適な飲み方です。
※水は天然ミネラル水がお勧めです。アルカリ性や酸性などphに偏りがあるもの、塩素などを含むものはさけてください。

オン・ザ・ロック(On the rocks)

焼酎 ロック

大きめの氷を2個程ロックグラスに入れ、本格焼酎を注ぐ飲み方です。
ロックは冷たさが命です。グラスを冷やしておくとGoodです。

ハーフロック(Half rocks)

焼酎 ハーフロック

大きめの氷を2個程ロックグラスに入れ、本格焼酎とソーダ水で1:1に割る飲み方です。
本格焼酎の香りと味をマイルドに引き出してくれます。丁度、ロックとハイボールの中間のような感じです。

水割り(Shochu with water)

焼酎 水割り

グラスいっぱいに氷を入れ本格焼酎を1/3程度注ぎます。
本格焼酎がすぐに薄まらないように、加水する前に良くかき混ぜ冷やします。
氷が溶けてしまったら、その分、氷を足します。
次に、好みのアルコール度数になるように加水して、軽くかき混ぜます。
本格焼酎自体を冷やしておくと、氷が溶けにくくより薄まりにくくなります。

焼酎カクテル(Shochu cocktail)

風味の個性が強い一般的な芋焼酎はカクテルには向きません。しかし、早垂れ蒸留商品の繊細で芳醇な風味はカクテルのベースとして最適です。
*早垂れ蒸留商品を使用したカクテルレシピはこちら


< 前ページヘ戻る